お気に入りの作品がどれくらい好きか??


今まで生きてきた人生でたくさんの優れた後世に残る作品を見た中で、どれだけそのストーリーが好きだったのかを表す尺度として、回数を何回繰り返してみたかがあります。 それも自宅ではなく、映画館に何度足を繰り返して運んだかが最終的には基準値としては重要です。 ある知人の女性は、大ヒット有名作品を昔に16回も繰り返して上映期間に観に出かけたと言っておりました。 もう流れもわかりきったストーリーを見ることの面白さは一体どこにあるのでしょうか。 最終的には何度見ても感動やインパクトは初回の時抱いたものと薄れることなく、ずっと同じくらいなのでしょうか。 そして大きなゴールには意味や価値が心境や環境の変化に応じて変わってくるのでしょうか。 これは、それとも将来的にも少しずつ減少していってしまう傾向に、やはり、関係あるのでしょうか。



何度も見たいのが本物??


印象に残るけど、もう一度みたいと思わないというのは、何かがどこかで足りないということです。 私も過去に5回以上閲覧したことはなく、どちらかと言えばそれよりも未開拓のものに感心がいってしまいます。 一つのものに執着するというよりは、何か常に新しいものを一生追い続けたいです。 それでも、もう一度見るとしたら記憶が薄れてからにしましょう。 最終段階としてこまめにチェックと確認作業に必然的に並行してやらなければいけなくなるのかもしれません。
クレジット現金



演技派かそれとも大根か


最近は、スカルプDの宣伝で有名な雨上がり決死隊の宮迫がとあるドキドキする純愛ラブストーリーに出ているのを観に行きました。 演技派とのことでしたが、何か漫才のようでして、比較的上手ですが無難の域でしかなかったと思います。 今はお笑いだけでは食べていくのはきっと想像よりもずっと大変なのでしょう。 これができるポイントとしては、やはり現段階ではMCや司会や歌など幅広く積極的に精力的にここでチャレンジしています。



ハリウッドは生き残るのか


洋画でも北欧のものが最近は人気になってきてます。 欧米やアメリカの派手なお金を掛けたものではなく、手の込んだ内容のストーリーや演出が徐々に凝っている正統派のものが認められてきています。 それでもあのお金を掛けているだけあっての結局はスケールの大きさはさすがのエンターテイメント大国と言う感じがします。 やはり人を引き付けて魅了するためには忘れてはならない大切な大きな欠かすことのできない一番重要な部分なのかもしれません。

プロモーション
制作費用
3D
流行